オーストラリアから日本に上陸した、黒板を彩る看板アート、それがチョークアートです。


黒板を背景として描かれるため、コントラストが強く、鮮やかな色づかいと、美しいグラデーションが大きな特徴です。


チョークアートは、もともとイギリスのパブ看板として生まれ、移民と共にオーストラリアに渡り、オーストラリアの看板職人の手によって、現在のイラスト中心で色鮮やかな装飾アートとなりました。


チョークアートの装飾部分には、消えないよう加工がなされ、触っても濡れても消えることはありません。また、余白を黒板として使えるので、残しておきたい部分と、書いたり消したりできる部分を使い分けることができる、装飾性と合理性を併せ持っています。