「看板は、365日無休で働く営業マン」とは、よく言われます。

また、食通は、店の良し悪しを、まず“暖簾がキレイかどうか”で判断するそうです。

 


暖簾の手入れをなされていない店が期待できないように、店の入り口に立っている営業マンの服が汚れていたり、破れていたら、その店への評価は半減するでしょう。

 


看板には、それと同様の効果があるにも関わらず、看板の重要性に注力している店舗は、さほど多くはありません。

裏を返せば、看板をいいものにするだけで、他店との差別化を図ることも可能なのです。