立体的な濃淡と美しいグラデーション…、チョークアートを目にした人は、いったいどうやって描いているのだろうと、興味を持ちます。

 


チョークアートで使うのは、筆やブラシではなく指です。パステルを塗ったあと、指でくるくると伸ばしながら、色を混ぜ合わせていきます。この、“指で描く”楽しさは、他の絵には見られないもので、チョークアートの人気のひとつとなっています。